お手入れのコツ

寒くなると空気が乾燥するので、それに伴って肌の潤いも奪われます。
潤いが奪われて肌が乾燥すると肌のトラブルの元となるので”乾燥している”と自覚し、注意することが必要です。
水分が足りない肌のトラブルを防ぐためにも保湿と保水といったケアを念入りなお手入れを心掛けて下さい。WS000036
冬の肌のお手入れのコツは肌を乾燥させないという意識をもつことです。
ヒアルロン酸は人体にも含有されているタンパク質と結合しやすい性質の「多糖類」と言われるゲル状の物質です。
保湿力が高いため、化粧品や栄養補助食品には、ほぼ間違いなくヒアルロン酸が含まれています。
年齢に従って減少する成分なので、可能な限り、摂取するようにした方がいいでしょう。
スキンケア(毎日コツコツを行うことが大切ですね)で忘れてはいけないことはお肌の汚れをきちんと落としてあげることですよね。
肌を痛めてはしまう洗顔とはお肌を傷つけてしまい潤いを保てなくなってしまう、原因となります。
お肌をいたわりながら洗うしっかりとすすぐ、といったことに、注意して洗う顔を洗いましょう。
洗顔の後の保湿は、乾燥肌を予防・改善する上でなくてはならないことです。
ここをサボってしまうとより肌の乾燥を生んでしまいます。
そのほか、クレンジングやメイク用品についても保湿力や保水力のあるものを使って下さい。
ほかにも保湿効果のある入浴剤を使ったり、お湯を高い温度にしないというのもドライスキンに効果的です。